人気ブログランキング |

カテゴリ:美味しいもの( 88 )

パエジェーラになる

いただいた美味しいシメジの最後を飾る料理はパエリアにした。
牡蠣、あさり、海老、玉ねぎ、パプリカ、そしてシメジで作るパエリア。
パエリアを炊く女性をパエジェーラというそうだ。
今夜は久しぶりのパエリアだ!

でも、馴染みのない料理についてはとても慎重な人がいる。
『牡蠣もあさりも海老もシメジも大好物だでしょう、それが入った黄色いご飯だよ』と説明したら、『美味しそうだこと』と納得した様子。
母にとって新しい野菜であるパプリカについては特に触れないでおいた。

夕方5時半、私はパエジェーラになった。
パエリア鍋は持っていないから大きくて浅いフライパンを使う。
玉ねぎを甘くなるまで炒めるのは基本だ。
白ワインを少し入れて蒸した魚介の美味しい煮汁をつかってご飯を炊く。
新米だから水分は少し控えめにして炊いた。
きのこと野菜、魚介が互いに美味しいだし汁を出し合ってそれがご飯にしみていく。
さあ、炊き上がった♪
b0397181_20231585.jpg

主役のシメジはしゃきしゃきといい歯ざわりで、ご飯にも美味しいだしがたっぷりと浸み込んでいた。
b0397181_2024297.jpg

******************************************************
刈入れが済み・・・・・・・
すっかりい稲刈りの終わった田んぼを白いネッカチーフをかぶった女性が歩いていた。
見回りだろうか、あぜ道をすたすたどこまでも歩いていった。
b0397181_20283428.jpg

太平山も見えた。
b0397181_20293140.jpg

川沿いにはすすきが輝いて風に揺れていた。
さそはれて穂すすきもまたさそひ風    豊田都峰
b0397181_20313382.jpg

by hanamomo60 | 2019-10-20 20:55 | 美味しいもの | Comments(1)

シメジピザ

午後、本を読んでいたらあっという間に暗くなっていた。
『秋の日はつるべ落としだな~ 日が短けぐなったもんだ』と母が言った。
『日が短くても、長くても一日に変わりないと思うよ。』と私が言うと、日が短くなるとなんだか心細くなるのだそうだ。
私も年をとったらそんな風に思うのだろうか。

遅くなったので今日は買っておいたピザに野菜といただいたシメジをのせて焼いた。
チーズもたっぷり追加した。
シメジはお醤油との相性が抜群だが、チーズともよくあって美味しかった。
b0397181_21103221.jpg

プリーツレタスと蒸したかぼちゃで簡単なサラダを作って添えた。
かぼちゃは酸味の効いたドレッシングとよく合う。
こんな簡単なものでもワインのおつまみとしては十分美味しい。
b0397181_21131373.jpg


キッチンの棚
夫が日曜大工で作ってくれた棚は随分長いこと使っている。
使い勝手のよいように考えながらものの位置を決めているが、このスタイルがしばらくの間定着している。
しばらくの間定着しているという事は使いやすいという事になる。
上段には計量カップ、調味料用のじょうご、小さなすりこぎ、おろしき、麺の湯きり、はかり
中段は左の籠には小さなタッパー(洗って入れておくと自然乾燥する)その横の籠にはごみを捨てる時のスーパーの袋をたたんで入れてある。
赤いトレーにはカレー粉、胡椒挽き、ブイヨン、顆粒だしなど
下段は急須、塩の甕、砂糖、ラップを置いている。空いている場所にはごみ受けのネットを入れた透明の容器を置いている。
b0397181_21242022.jpg

by hanamomo60 | 2019-10-19 21:24 | 美味しいもの | Comments(4)

鮭&いくら

暑かった夏から一足飛びに秋になった。
このごろは朝晩冷え込みストーブの出番が増えている。

このごろスーパーの魚売り場をのぞくとずらりと鮭がならんでいる。
秋田では塩漬けにした鮭は多く食べられるが、生の鮭はそれほど人気がない感じがする。
私も塩鮭は大好きだが、生の鮭はどちらかというと苦手だ。
でも鮭はポリフェノールたっぷりでとてもいい食べ物だ。
大きくて、きれいなサーモンピンクの生鮭を買った。
b0397181_21473415.jpg

今夜は鮭の南蛮漬けにした。
夫も抜歯したばかりなので、玉ねぎはすりおろしにした。
一口大に切って片栗粉をはたいて揚げて、甘酢に漬けた。

さっと蒸したキャベツ、青紫蘇、焼きパプリカ、ミニトマトのサラダ、フライドポテトはワインのおつまみにした。
b0397181_2146781.jpg


少し前、今年も品薄で高値といわれる『いくら』を買った。
いくらは『はらこ』『生筋子』と呼ばれるときもあるが『はららご』とも言うようだ。
b0397181_21551226.jpg

男鹿産のいくらは100グラム480円だった。
安くはないが、季節のものだから一度は食べたいと思い一本買った。
鮮度が良いせいか、直ぐに一粒ずつほぐれてあっという間に醤油漬けができた。
その日はサーモンどんぶりにのせて食べた。
b0397181_2154791.jpg

お正月用にもう一本買ってストックしておこうと思っている。
はららごをかなしむ寒の色として  石田勝彦
by hanamomo60 | 2019-10-18 21:57 | 美味しいもの | Comments(2)

季節の出会い

夕方、遠くに住む友人から美味しい季節のものが届いた。
秋の味覚 はたけしめじ!
それもどっさり!
関西の山にも秋が到来したようだ。
ありがたい!
b0397181_20231825.jpg


この季節、もってのほか(菊の花)も美味しい。
今日はスーパーの産直コーナーにもって菊がいっぱい出ていた。
どっさり買って酢を入れてゆでておいた。
b0397181_20475389.jpg

大根おろし、もって菊、はたけしめじを醤油とみりんで煮たものを和える。
きのこのいいだしが菊とおろしに浸み込んで美味しい。
はたけしめじの和え物を盛り付けた器も送り主さん作!
プロ級の焼き物をなさる方で、花入れや茶碗、食器なども使わせてもらっている。

美しいブルーにもってのほかのやさしい桃色。美味しく煮えたきのこがしっくりと合う。
きのこと菊 季節の食材の美味しい出会い。
そして、美しい器と食材の色の出会いも嬉しいな~と思っている。
b0397181_20472647.jpg

by hanamomo60 | 2019-10-14 20:53 | 美味しいもの | Comments(4)

葡萄

朝から雨降りで、気温が低い。
外干しはあきらめてロフトに干そうと持っていったが、昨日の洗濯物もなんだかすっきりと乾いておらず、納戸にしまった扇風機をまた出して風を当てた。

母も私もこんな日は眠い。
お昼ごはんの後でちょっとだけ横になり、録画していた俳句の番組『歳時記食堂~おいしい俳句いただきます~秋』を見た。
俳人の宇多喜代子さんが女将、壇蜜が若女将という設定で、旬の料理を味わいながらその料理にまつわる俳句も味わうと言うもの。
一品目は里芋できぬかつぎ、二品目は秋刀魚、三品めはデザートの葡萄だった。

秋田の横手にも美味しい葡萄がある。
ナイアガラという白葡萄が好きだが青いうちは買わないで我慢している。
寒くなっていよいよ葡萄の色があめ色になったら買って楽しむ。
とにかく甘い!貴腐ワインにできそうな芳醇な甘さだ。
b0397181_2015439.jpg


歳時記食堂のデザートに葡萄が出たとき、素敵な句が紹介された。

ひとつぶの葡萄や母の吸う力   村上佳乃さん 長野県
グループホームにいるお母さんとぶどう狩りに行ったときの事を俳句にした。
ふだんは食の細い高齢のお母さんが、葡萄を美味しそうに吸う姿が嬉しくてその感動を詠んだという。


晩ごはん
男鹿で釣れた鯵でアジフライ
8尾で200円、お刺身に出来るほど新鮮だった。
炒め玉ねぎ、水茄子と大根の浅漬けと。
b0397181_20272458.jpg


秋の食材がきれいで美味しい。
さつまいものレモン煮、もって菊、秋茄子をじっくり焼いたもの
b0397181_2028453.jpg

by hanamomo60 | 2019-10-08 20:29 | 美味しいもの | Comments(6)

みのり

昨日、新米を受け取りに行った。
農家によっては今年は値上がりしたところもあるようだが。
去年と同じ値段だった。

30キロ入った米袋を持つのは大変だ。
美味しいお米をこうやって分けてもらえるのはありがたい。
でも、年をとったら持つのが大変になるだろう。
こんな形でお米を買うのはいつまで出来るだろう。
車の中で15キロずつ小分けして家の中に運んだ。

新米のおまけで、もぎたての千秋をいただいてきた。
林檎園にも寄って写真を撮らせてもらった。
たくさんの林檎の木にこれから出るふじがたわわに実っていた。
林檎の木の下にはシロツメクサが一面に広がっていた。

電飾のやうに実を付け林檎の木  金子孝子
b0397181_20172477.jpg

見事な色の林檎を見るにつけ、台風が心配になる。
出荷まであと一ヶ月、無事でありますように。
b0397181_20185156.jpg


これから刈り取りする田んぼもあった。
昨日は曇っていたから、向こうの山並みがはっきり写っていなくて残念だった。
b0397181_2027091.jpg

*****************************************************
カレーを作った♪
いつもは油脂50パーセントoffという粉で作っているが、今日はそれも切らしていたので初めから手作りした。
玉ねぎのみじん切りをじっくりとあめ色になるまで炒めれば、ほぼ出来上がったと言ってもいい。
炒め玉ねぎ(にんにくと生姜のみじん切りも入っている)に少しずつ小麦粉を振り入れてそこにカレー粉をいれて炒める。
これでだいぶカレールーらしくなる。
にんじん、豚肉、パセリ、セロリのみじん切り、トマトソースを入れたスープを作っておいて、玉ねぎのほうにそのスープを少しずつ入れてゆるめていく。
それにトマトケチャップやウスターソース、塩を入れてコトコト煮込んでいく。
少しとろりとさせたいので、じゃがいも(きたあかり)も入れた。
あっさりとしているが、カレー粉が大匙3も入っているので、結構パンチの効いた味になった。
b0397181_20414310.jpg

by hanamomo60 | 2019-10-06 20:50 | 美味しいもの | Comments(6)

駅弁

とても質素な朝ごはんの後、お茶を飲みながらスーパーのチラシに目を通していたら・・・・・。
駅弁  当店初登場  うに この三文字に目が釘付けになった。
八戸駅 海女のうに弁当
駅弁到着時間は書いていないから開店時間には並ぶのだろうか?
しかも数は多くないはずだ・・・・・スーパーに電話で確かめる。
もう売り場に並んでいるようだ。
あつかましく『取り置きしてくださいますか?』これは却下された。
それならば開店に遅れないように行こう♪

明石のひっぱりだこめしや奈良の柿の葉すしと並んでいる海女弁当を見つけた時はうれしかった。
細長いコンパクトな箱に印刷されているウニの写真はとっても美味しそうだ。
めでたく買えて幸せな気分で家路を急いだ。
b0397181_1824451.jpg


お昼、うに弁当を広げてみた。
写真とほぼ同じ!大好きな蒸しうにがびっしりとご飯にのっている。
b0397181_1831545.jpg

歯医者通いしている夫にも分けてあげた。
青森でハマグリの貝に盛って蒸した『蒸しうに』を食べてから、うには生よりも蒸したものの方が好きになった。
上げ底のおかずコーナーには卵焼きと野沢菜のような漬物、煮物のにんじんと酢蓮が花形になって入っていた。
おかずはなくてもいいのだが、やっぱりお弁当だから少しだけでも彩りがあったほうがいい。
久しぶりに美味しい駅弁を家でゆっくり食べた。
このお弁当を作った八戸 吉田屋は明治25年創業の老舗だそうだ。
b0397181_18313987.jpg

by hanamomo60 | 2019-10-05 18:32 | 美味しいもの | Comments(11)

朝、昼、晩のご飯

土曜、日曜とちょっと忙しかったので今日は何もせずゆっくり過ごす事にした。
母はデイケアに出かけたし、雑誌をめくるにはもってこいの日だ。
もちろん最低限の家事はつき物だからそれをやりながらのことだが。

スーパーの雑誌コーナーに行くと、興味深い見出しにそそられて『買おうかな?』と思うけど、最近私はそれをやめている。
一年経ったら束ねて潔く捨てられる人もいるけれど、私はどうもそれが苦手な性分だ。
雑誌は写真がきれいで、ためになる事もいくつかはあるけれど、やっぱりそれをすべてまねするわけにもいかないし、結局最後は自分に合ったやり方になる。
必要なところを切ってファイルしておく人もいるけれど、私はその割りに見返すことは少ない。
だから最近図書館で借りてみている。
今日も3冊ほどめくってみたが、それほど心動かされるものはなかった。
一冊は食器棚の特集だったが、今ある食器棚をどう使いやすくするかという事を考えるきっかけにはなったからよしとしよう。
そろそろ夏の器を奥に入れ、秋冬に似合いそうな器を手前に入れ替えよう。
b0397181_15443434.jpg


夕べのご飯
キスはてんぷらにする分だけさばいて揚げた。
口に入れると白身のキスはほろほろ溶けるようにほぐれ、たとえようがないほど美味しかった。
夫の友人である釣り人は、釣ったキスをほとんど我が家に置いていってくれる。
お礼を言ったとき、家族に叱られないかと聞いたら、『キスは手がかかるので持ち帰るな!』と言われるそうだ。ありがたいけど申し訳ない。
産直で買ったさつまいもも甘くて美味しかった。
皮の紫が美しくて、秋が来たな~と思った。
b0397181_15473714.jpg


今朝のご飯
昨日スーパーで買って来た十六穀ごはんという雑穀を混ぜて炊いた。
黒豆や黒米から色がつき、お赤飯のような感じになった。
梅干をのせて食べた。
キャベツとにんじんの炒め物、霜降りインゲンのおひたしにスクランブルエッグ、しじみの味噌汁
b0397181_15502863.jpg


昼ごはん
胡瓜が美味しいうちに作ろうと思っていたきゅうりのサンドウィッチ
晒布に塩もみした胡瓜をいれ敵のように力いっぱい搾って、マヨネーズ、マスタード、塩胡椒をしてはさんだ。
卵は蒸し卵をフォークでつぶし、ハムも細かくして混ぜた。
いちごジャムをはさんだものでちょうど三種類。
b0397181_15535488.jpg

by hanamomo60 | 2019-09-30 15:54 | 美味しいもの | Comments(9)

栗ご飯

栗飯の二合に季節あふれける    国包澄子

産直に野菜を買いに出かけたら、栗やさといも、秋口の枝豆などが出ていた。
栗は剥くのが大変で、気合を入れなければ買えないものの一つ。
大きくてつやつやのいい栗だった。
家に帰り、栗を熱いお湯につけて皮を剥いた。
いったん休んでしまうと剥くのが嫌になるから直ぐに取り掛かった。
もち米とうるち米を半々にして栗ご飯を炊いた。
母がしていたように味付けは薄味にした。
お酒、お塩、小さじ2杯ほどのお砂糖、そして風味付けのお醤油。
b0397181_2336247.jpg

秋茄子の味噌炒め、鯵の刺身、茗荷と豆腐の味噌汁という献立。
こうして少しずつ秋が深まっていく。

****************************************************
昨日ブログに載せた『こはぜ』の以前の画像が出てきた。
友人が紅葉したこはぜを送ってくれた時のもの。
b0397181_2340173.jpg

こはぜはもち米に混ぜるとこんなきれいな色になる。
季節のもので美しい献立を考えてきた昔の人々には頭が下がる思いがする。
b0397181_23431037.jpg


美しいこはぜの一枝を一輪挿しに。
b0397181_23443864.jpg

by hanamomo60 | 2019-09-28 23:00 | 美味しいもの | Comments(4)

こはぜ

秋田では、なつはぜのことを『こはぜ』と言っている。
ブルーベリーの仲間なのだろうが、その栄養はすごいそうだ。
友人が持ってきてくれたこはぜはきれいに洗ってくれていた。
b0397181_22573533.jpg

グラニュー糖をいれてジャムにした。
完熟だが強い酸味がある。
秋田の人たちはこのこはぜのジャム(砂糖漬けも)を使って様々な料理を作る。
こはぜご飯、漬物、ケーキ・・・・・!
b0397181_2315946.jpg


いいお天気だったので、リビングのカーテンを洗った。
この家を建てた時に誂えたものだが、年二回の選択で今も健在だ。
でもところどころ縫い目がほどけているところがあって、それをかがって直した。
すばらしい秋晴れの一日、今日はよく働いた。

晩ごはん
小さな海老を揚げて天丼にした。
トマト、春菊のナムル、じゃがいもの味噌汁と。
b0397181_2372525.jpg


お弁当
 赤紫蘇入りの焼きおにぎり
 かにカマのキャベツ巻き、やりいかの煮つけ、かぼちゃとインゲンのソテー、りんご
b0397181_2394095.jpg

by hanamomo60 | 2019-09-27 22:52 | 美味しいもの | Comments(4)


暮らしに花を


by hanamomo60

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

日々のこと
美味しいもの

懐かしい事
自然
季節の行事

季節の木、花、草、鳥
おでかけ
思い出
うつくしいもの
記念日

検索

最新の記事

パエジェーラになる
at 2019-10-20 20:55
シメジピザ
at 2019-10-19 21:24
鮭&いくら
at 2019-10-18 21:57
うろこ雲
at 2019-10-17 22:05
少しずつ・・・・
at 2019-10-16 17:34

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月

最新のコメント

牡蠣 アサリ、海老、玉ね..
by unburro at 23:00
子どもたちがいた頃は、毎..
by さえ at 18:36
こんにちは。 momo..
by oshibanayoshimi at 15:58
日の短さで心細くなるのが..
by saheizi-inokori at 14:02
ももさんの料理のアイデア..
by mosaku319 at 08:36
素敵な棚です。 こうい..
by unburro at 01:35
こんにちわ。 あの事件..
by pass8515 at 17:04
青目 私もサーモンは苦..
by aomeumi2 at 12:23
> oshibanayo..
by hanamomo60 at 20:40
>unburroさん ..
by hanamomo60 at 15:29

最新のトラックバック

お気に入りブログ

夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
おのひきだし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
あれこれ逍遥日記 Vol.2
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
野ウサギの足跡
風のとおる家から
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
春のよき日に vol.3
rin時日報3
ポルトガル便り~ヨーロッ...
流木民 第2話

外部リンク

記事ランキング