人気ブログランキング |

カテゴリ:おでかけ( 25 )

懐かしい場所

昨日出かけた場所は秋田の市民市場の隣にあった老舗の金物やをリノベーションしたカフェ。
何年か前、暮らしの道具だったら何でもそろう『なかや』に行き、栗の皮むきをする『くりくり坊主』を買ったことがあった。
所狭しを吊り下げられたり、並べられていた金物屋さんのあのどことなく懐かしい雰囲気そのままに、とても心地よいカフェがオープンしたのは一ヶ月ほど前。
改装中のお店の前を何度も通り、どんなお店に生まれ変わるのだろうと心待ちにしていた。
コンクリート色のグレーの外壁ときれいな青で縁取られた窓枠の建物に生まれ変わっていた。
仙台にあるカフェの姉妹店だというカフェの名前は『赤居文庫』
b0397181_1342339.jpg

重厚な感じのテーブルと椅子が並び、明るすぎない照明が心地よかった。
家具も壁も床もコーヒー色でとても落ち着く感じがした。
b0397181_13425679.jpg

入り口のガラス戸も昭和の香りがした。
私の席から見えたのだが、玄関の扉の上には神棚が設えてあった。
b0397181_1343893.jpg

メニューは黒い書類綴り!
b0397181_13461336.jpg

そば粉のガレットを注文した。
間もなく熱々のとても大きなガレットが運ばれてきた。
ずっと前秋田の八峰町のそば粉でガレットを焼いてみた事があった。
そば粉100パーセントだと生地が伸びなくて直ぐに破けてしまった。
このお店でも小麦粉を混ぜて焼いているのだと思うがそば粉との配合がよく、もちもちしてとても食べやすくて美味しかった。
何種類ものきのこがたっぷり入り、ハムもベーコンもチーズもとても上等のものだった。
b0397181_13551788.jpg

食後にコーヒーをと思ったがあまりに満腹でとても入らなさそうで、美味しいと定評のあるコーヒーは次回にした。
お店の中には1200冊もの本があるようで、その中から選んで食後にページをめくった。
その本の話はまた明日。
b0397181_13573180.jpg

******************************************************
信州からみどりの宝石が届きました♪
b0397181_3334652.jpg


お弁当
紫蘇おにぎり
ササミフライ、ポテトサラダ、きんぴらごぼう、高野豆腐の含め煮
b0397181_334085.jpg

by hanamomo60 | 2019-10-11 20:27 | おでかけ | Comments(18)

いけばな展へ

先日友人から誘われていたいけばな展へ出かけた。
友人とは初夏のいけばな展も一緒に行った。
大きな会場に東北六県の人たちが一同に集う展覧会で見ごたえがあった。
振袖を着たお嬢さんたちがパンフレットを渡してくださり、会場は華やかそのものだった。

秋の花材の中に夏の名残の花もあって、今は季節の変わり目なのだとあらためて思った。
秋の野山をそのままこの水盤に表現したような作品があった。
おみなえし、蔓梅もどき、そして小さなトルコ桔梗が風に吹かれているようだった。
b0397181_225421.jpg


たくさんの作品の中で野草を使った作品が印象深かった。
一目見た途端、『豆軍配ナズナだ!』と思った。(行司さんが持つ軍配に形が似ている)
ナズナの形が楽しくて、私も沖縄のグラスに生けてみた植物だった。
夏の名残のナズナとワレモコウやこすもすなど秋の花も一緒に生けられたモダンな作品だった。
b0397181_22112291.jpg


こすもすを生けた小さな作品もとてもよかった!
(画像をクリックすると大きくなります)
b0397181_22313016.jpg

美味しい珈琲を飲みながら近況を話し、残る話はまた近々と友人と別れた。
彼女といつも話すことは、『小さくても日々楽しみを持ちながら暮らそうね!』ということ。
今日もとても楽しいひと時を過ごせてよかった。
b0397181_22315623.jpg

******************************************************
晩ごはん
男鹿の鯛を味噌につけて焼いた。(いちじくのコンポート添え)
インゲンとにんじんの炒めもの
b0397181_2237449.jpg

by hanamomo60 | 2019-09-14 22:38 | おでかけ | Comments(4)

盆踊り

晩ごはんを済ませてから 盆踊りを見に出かけた。
八郎潟町の『一日市(ひといち)盆踊り』秋田県の三大盆踊りの一つだ。
b0397181_23554482.jpg

町内や職場、部活ごとに仮装をしたりして踊る。
この街では仮装を『化ける』と言うそうだ。
昔は亡くなった人に似せた格好で踊ったらしい。
最近は、その年に話題になったことなどにちなんだ仮装が多く、今年はオリンピックを題材にしたものが目立った。
こちらは色鮮やかな着物で踊る人たち。
b0397181_23585720.jpg

中学校の部活のメンバーでも踊る!
b0397181_001651.jpg

水色の揃いの浴衣で踊る人達、後姿も美しかった。
b0397181_02445.jpg

通りの中央には大きな太鼓が設置され、ばちさばきもお見事!
b0397181_03889.jpg

審査員がいて賞がつく。
この盆踊りは踊り手が歌いながら踊ることでも知られている。
歌詞の一部だが、
「盆の十三日 正月から待ちだ 待ちだ十三日 今来たか」「東森山 西八郎潟 あいの一日市 米どころ」「月もまるいが 踊りもまるい まして心は なおまるい」

こんな歌詞もある。

稲穂が揃って豊作で 
   潟から魚こ大漁で 豊年 満作 作踊り

八郎潟にはかつて琵琶湖に次ぐ大きな潟があった。
かなりの漁獲量があって今でも残存湖で獲れる小魚を使った美味しい佃煮やさんがある。
一日市は美味しい米どころでもあり、この盆踊りが豊作を願う踊りであったことはこの歌詞にたくさん歌われている。
b0397181_016889.jpg

by hanamomo60 | 2019-08-18 23:16 | おでかけ | Comments(4)

花展へ

友人からいけばな展に誘われた。
今日の秋田は32.6度もある猛暑日となった。
とにかく暑いので何を着ていこう?と悩んだ。
片付けてスカスカになったクローゼットから麻混の紺色の水玉の上着を選んだ。
そしてバッグは手織りの布を使って友人が仕立ててくれた大切なもの。
バッグの底と持ち手は大好きなココア色だ。
友人が見たとたん、『手織りの生地、とっても素敵!』と褒めてくれた。
b0397181_21105178.jpg

手織りには不思議なぬくもりがある。
b0397181_21195615.jpg

久しぶりに会った友人とは再会を喜び合った。
会場をゆっくりと歩きながら、さわやかな夏のいけばなを楽しんだ。
青竹を組んで竹を花器に見立てイタヤカエデやヤマボウシ、もみじなどを生けていた。
手前の花は季節の花 紫陽花、様々な色合いの花がとても涼しげだった。
b0397181_20524962.jpg

スモークツリーに濃いむらさきの鉄線を配したいけばなもよかった。
花展は二日間だが、暑い季節なので管理が大変だろうと思って帰ってきた。
b0397181_20555017.jpg

そのあと上の喫茶室でお茶を飲んだ。
久しぶりに積もる話があった。
少し足が痛むらしく、通院している先生からは『もう少し筋肉をつけるように』と言われているそうだ。
私も鍛えなければ・・・と思いながら帰宅した。
人は足から衰えるのだ、階段の昇り降り、まめに体を動かす事が大切だと思った。
*********************************************************
山百合 有終の美
最後に開花した山百合に八つの花がさいて、もうすぐ終わる。
b0397181_2163133.jpg


やっぱり暑い日はスイカだ!
b0397181_21121380.jpg

by hanamomo60 | 2019-07-21 21:12 | おでかけ | Comments(14)

夏空

梅雨明けが近いのか、気温は30度を超え、空はすっかり夏の感じだ。
大きなスーパーに用事があり、ついでに投票も済ませてきた。
スーパーはものすごい人で、移動距離も長くて疲れて帰宅した。
b0397181_22272314.jpg

一晩おいた梅を塩漬けした。
塩分は18パーセント、私の梅干しはあら塩だけで漬ける。
梅と同じ重さの漬物石をのせて一週間ほど梅酢の上がるのを待つ。
b0397181_2237013.jpg

今度は赤紫蘇を塩もみした。
葉っぱだけで1キロの赤紫蘇がこんなに小さくなった。
梅酢が上がるまで冷蔵庫で待機!
b0397181_22383747.jpg

これで今年の梅仕事はほぼ終わりだ。
市場の表にこんな木箱が積み上げられていた。
梅の実が10キロ以上入る木箱だ。
この季節、日本中でいったい何人の人が梅を漬けたのだろう!
b0397181_22463851.jpg


******************************************************
ラタトゥイユ(ナス、パプリカ、新玉ねぎ、にんじん、ズッキーニ、にんにく)
海老のバターソテー
b0397181_22523375.jpg

さて明日からまたいつもの暮らしに戻る。
気がかりな事も少しあるが、何とか片付けよう。
庭にヤブカンゾウが咲いていた。
一日で萎んでまた次の花が咲く。
b0397181_2242176.jpg

by hanamomo60 | 2019-07-15 22:52 | おでかけ | Comments(6)

イタリアン

お互いに忙しい日々を送っている友人と3ヶ月ぶりに食事をした。
前から一度入ってみたいと思っていたイタリアンレストラン。
イタリアのピエモンテ州にあるレストランと同じレストランを秋田にも開いたそうだ。
お店の名前は『オステリア ムールベッキ』
オステリアはレストランの意味かと思ったら
イタリアでは、高級レストランがリストランテ、大衆食堂はトラットリア、居酒屋をオステリアと呼び、ピザ屋をピッツェリアと言うそうだ。
b0397181_2025757.jpg

ランチは三種類のパスタとピッツアから選べる。
アスパラとベーコンのぺペロンチーノとりんごとゴルゴンゾーラのピッツアを分けて食べた。
量もたっぷりでとても満足した。
b0397181_20332714.jpg

横手のりんごを使ったピッツアは味が想像できずに面白がって頼んでみたが、りんごのほのかな甘みとチーズの塩辛さがよくあって、とても美味しかった。
友人も私もワインを飲めなかったのがとても残念だった。
ワインの品揃えもすごく、『今度は夜に来たいね』と思ったが・・・・・・。
三か月分の話をあれこれ話して、二人で晩ごはんの買い物までして別れた。
*****************************************************
その前に図書館へ行った。
お堀の蓮がかなり広がっていて、風景がかなり変わっていた。
b0397181_20392540.jpg

気温21度、風もあり5月のようなさわやかな日、水辺も空もとてもきれいだった。
b0397181_20401484.jpg

『子規 最後の八年』とても興味深くて借りてきた。
これからの楽しみとする。
***************************************************** 
晩ごはん
 夫の友人が釣りたてのキスを持ってきてくれた。
 小さかったが新鮮で開いててんぷらにした。
 仲良しの御近所にも揚げたてをお届けしたら大喜びされた。
 美味しいものはみんなで食べるほうが美味しい!
 レタスのレモン漬け、トマト、焼きパプリカのサラダとともに。
b0397181_20442196.jpg

by hanamomo60 | 2019-06-13 20:45 | おでかけ | Comments(10)

ハリソンとハツの像

私の行く図書館の前庭には外国人宣教師と少女のブロンズ像が建っている。
b0397181_21365461.jpg

アメリカ人宣教師ミス・カラ・ハリソン(1859~1937)と秋田生まれの金子ハツ(1887~1922)をモデルとした「秋田の赤い靴」という銅像だ。
秋田県出身の直木賞作家渡辺喜恵子さんがこのエピソードに基づいた小説『タンタラスの虹』を昭和50年に発表している。
この話は秋田音頭にも歌われている八森のハタハタ漁師の娘ふじが誤まって夫の連れ子を殺してしまうと言う悲劇から始まる。
無期懲役で服役していたふじは獄中で一人の女の子を出産する。
自分で死なせてしまった連れ子と同じ『ハツ』と名前をつけた。
そのハツを秋田に赴任した宣教師ミス・ハリソンが引き取って育てた。
ハツは手続き上、ハリソンの知り合いの養女という形で明徳小学校に入学した。
この図書館が建っている場所に明徳小学校があった。
ハリソンとハツのことはここに詳しく載っている。
後の平成6年、当時秋田県婦人会館の副理事長であった長谷山包子(かねこ)さんが、この親子のブロンズ像を建てようと婦人団体に寄付を募り実現したそうだ。
私はたった一度だけ知人のマンションのエレベーターで御高齢になった長谷山さんと偶然お会いした事があった。
その時は秋田の赤い靴のエピソードを知らず、季節の挨拶をしただけだった。
長谷山さんは笑顔の素敵な美しい老婦人だった。
このすばらしい国を超えた愛情あふれる親子の実話をこうして知る事ができたのは長谷山さんのおかげだと思う。

図書館の前庭は山帽子の新緑がきれいだった。
海辺の友人の山荘の山帽子の花ももうすぐ咲くだろう。
ハツはアメリカではコラ・ジュリア・ハリソンと名乗って大学まで行ったそうだ。
その後お母さんであるハリソンを助けながら教師になったようだが、胸を病み34歳で亡くなった。
ハツとハリソン親子はハワイのオアフ島で一緒に眠っているそうだ。
b0397181_21522356.jpg


お堀の睡蓮がきれいだった♪
睡蓮のモネの絵親し初夏の風松田和子
b0397181_21543456.jpg

******************************************************
 洗車用ブラシでお風呂の床磨き 
b0397181_21561668.jpg

by hanamomo60 | 2019-06-01 21:56 | おでかけ | Comments(4)

図書館へ

家事を済ませ、図書館へ出かけた。
今の季節何処もかしこも緑、緑で本当に美しい。
図書館の大きな窓の外の緑が床に映る『床緑』
b0397181_19512044.jpg

借りたい本は2冊ともどなたかの手にあって、他の本を探した。
一冊は2階の書庫にあって、久しぶりに2階にも行ってきた。
この図書館の場所には昔 藩校があった。この図書館の名前はそこから来ていて『明徳館』という。
持参したおにぎりとお茶でお昼ご飯。
この窓から見える景色にもう少し緑があればいいといつも残念に思う。

モネの池と呼ばれている池には黄菖蒲と睡蓮がさき、背後の新緑がまぶしかった。
b0397181_2043748.jpg

いつもギャラリーにちょっと立ち寄ったら美味しいコーヒーを淹れてくださった。
そして福砂屋の最中をいただいた。
皮に上等の餡を盛って食べるタイプの最中で福砂屋のは初めて御馳走になった。
皮が香ばしくて、餡が上質で大満足した。
b0397181_2012235.jpg

いつ伺ってもギャラリーの中はお花が活けられ心安らぐ。
今日は季節の花、芍薬だった。
いいひと時をありがとう♪
b0397181_2023320.jpg


お堀の睡蓮もかなり咲いていた。
青い空が水面にうつり、なんだかここもモネの池の様だった。
b0397181_20184094.jpg

*******************************************************
晩ごはん
 先日のメバルを麹たっぷりの味噌に漬けておいた。
それを焼いて今夜のおかずにした。
美味しすぎる!
b0397181_2019486.jpg

干ししいたけ、にんじん、新たまねぎ、ねぎ、シメジをいれておからも炊いた。
薄味で煮たのでたっぷり食べられそう。
b0397181_20211817.jpg

by hanamomo60 | 2019-05-30 20:21 | おでかけ | Comments(12)

里山へ

『山が一番きれいな季節ですよ』と里山を持っている方からお知らせをいただいた。
広大な里山はよく手入れされ、緑のシャワーが降り注いでいた。
広いので途中まで車で連れて行ってくれた。
山の持ち主は万が一のために腰に鉈をつけて歩く。
最初に迎えてくれたのは山もみじ 光を通すと美しさが増す。
b0397181_1612225.jpg

これはみた事のある木、葉、そうだ!こしあぶらだ。
b0397181_1622498.jpg

丸い葉は何の葉っぱだろう。
b0397181_1625842.jpg

どれもこれも新緑は美しい。
b0397181_1632385.jpg

ハリギリの若葉もこんなに開いていた。
b0397181_1641197.jpg

上ばかり見ていたら、足元に咲く小さな花を教えてくれた。
筆リンドウという小さな小さな花だった。
ふかふかの落ち葉が腐葉土になって、その隙間からひっそりと顔を出すそうだ。
b0397181_1664525.jpg

一時間ほど歩いてたっぷり新緑を楽しんだ。
青葉若葉掛けはぎて森仕上げたる入江節子
b0397181_16133422.jpg

山を下ってくると、水の張られた田んぼが見えた。
b0397181_1684243.jpg


*****************************************************
こちらにも新緑♪
豆苗の二期作
b0397181_113360.jpg


晩ごはん
メバルの煮付け(男鹿産)
b0397181_2041375.jpg

キャベツと青紫蘇とハムのミルフィーユ
レンジにかけたキャベツの葉を半分に切り、キャベツ、青紫蘇、ハムの順番に重ね、一口サイズに切ってマヨネーズ少々をかけて食べた。
b0397181_1113230.jpg

by hanamomo60 | 2019-05-23 20:06 | おでかけ | Comments(12)

つつじを見に

友人を誘って千秋公園に出かけた。
どこか日陰を見つけて食べようとお弁当を作った。
公園に行く前にずっと前から楽しみにしていた『デンマーク展』に寄った。

北国も今日は夏日になった。
つつじが咲きはじめたので公園は大勢の人でにぎわっていた。
b0397181_2020526.jpg

今大ブームの秋田犬のふれあいコーナーがあり今日のお当番犬は『花子ちゃん』
1歳5ヶ月というが大きくて、フェルトのような耳が可愛い。
花子はかなり美人だ!
でも、こうしてたくさんの人に見られてストレスがたまり、疲れるだろうな~と気の毒になった。
b0397181_20221544.jpg

つつじは赤いものが最初に咲き、次はピンク、白い花はまだ蕾だった。
日陰を探して持参したお弁当を広げた。
暑かったので今日は水出しの冷たいお茶を持っていった。
座った場所は大きな「どうだん」の木の下。
母とも一緒にここでおにぎりを食べた事がある懐かしい場所だ。
見上げると美しい新緑、五月はいい季節だ。
b0397181_20412140.jpg

デザートは冷蔵庫にたった一つ残っていた『せとか』と秋田の郷土料理 豆腐巻き。
b0397181_2024734.jpg

今日のメインのおかずは『かつおのから揚げ』
昨日夜になってからちょっと買い物に行ったら、夕方出したかつおのお刺身が半額になっていた。
<これはお弁当に入れよう♪>と籠に入れた。
鰹は切ってにんにく醤油に漬けてから片栗粉をつけて揚げた。

切り口に虹の生まるる初鰹  きくちきみえ
快晴の公園で食べた鰹のから揚げは美味しかった。
もうすぐオープンするビアガーデンのおつまみにこれはいいと思う。
b0397181_20363424.jpg

シートをたたみ、花を見ながらまた歩いた。
秋田市街が見える場所。
b0397181_20384989.jpg

もう少し歩いていくと大好きな場所がある。
我が家からも毎日見ている『太平山』が遠くに見える。
b0397181_20435285.jpg

楽しいピクニックだった♪
今年初めて持ってきた『イタヤのかご』
b0397181_20454390.jpg

**********************************************************
晩ごはん
暑かったので『梅酒』を飲んだ。
茄子とピーマンの味噌炒め、トマト、まぞいの煮付け
b0397181_2047364.jpg

by hanamomo60 | 2019-05-16 20:48 | おでかけ | Comments(14)


暮らしに花を


by hanamomo60

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

日々のこと
美味しいもの

懐かしい事
自然
季節の行事

季節の木、花、草、鳥
おでかけ
思い出
うつくしいもの
記念日

検索

最新の記事

パエジェーラになる
at 2019-10-20 20:55
シメジピザ
at 2019-10-19 21:24
鮭&いくら
at 2019-10-18 21:57
うろこ雲
at 2019-10-17 22:05
少しずつ・・・・
at 2019-10-16 17:34

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月

最新のコメント

子どもたちがいた頃は、毎..
by さえ at 18:36
こんにちは。 momo..
by oshibanayoshimi at 15:58
日の短さで心細くなるのが..
by saheizi-inokori at 14:02
ももさんの料理のアイデア..
by mosaku319 at 08:36
素敵な棚です。 こうい..
by unburro at 01:35
こんにちわ。 あの事件..
by pass8515 at 17:04
青目 私もサーモンは苦..
by aomeumi2 at 12:23
> oshibanayo..
by hanamomo60 at 20:40
>unburroさん ..
by hanamomo60 at 15:29
>saheiziさん ..
by hanamomo60 at 15:25

最新のトラックバック

お気に入りブログ

夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
おのひきだし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
あれこれ逍遥日記 Vol.2
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
野ウサギの足跡
風のとおる家から
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
春のよき日に vol.3
rin時日報3
ポルトガル便り~ヨーロッ...
流木民 第2話

外部リンク

記事ランキング