朝寒

目覚まし時計が今朝も6時きっかりに電子音で私を起す。
り~んというけたたましい音ではないが、まったく耳障りでしつこい音。
もうちょっと、もうちょっとと起きるのをのばしやっと決心して布団をでたら15分になっていた。

今年は灯油の値段が高いらしい。
キッチンに立ちお湯を沸かす。
ゆうべ冷蔵庫に入れておいた千切り大根で味噌汁を作る。
だいぶ暖かくなっった。
キャベツを刻み油で炒める。半熟玉子はお湯で温めた卵に熱湯を入れ12分。
お弁当を作り終える頃にはもっと暖かくなっている。

遠い日の朝を思い出した。
転勤先の社宅の朝、私が起きると子ども達も目を覚まし、階下にある陽の当たらない台所にたった。
危ないので下の子をおんぶし、朝ごはんの仕度をした。
北国の秋の朝は寒い。
子どもをおんぶしてから亀の甲を羽織った。
母の一番下の妹(私の叔母)のお下がりで、みどり地にチェックで数年前新しくなった伊勢丹デパートの紙袋と同じような色合いだった。
おんぶされる方もおんぶしている私もぽかぽかと暖かくなった。
昔ながらの亀の甲はいまベビーケープという名前で健在だった。
よかった。

朝寒し厨ごとにも子を負ひて 久保妙石

魚を買いに出かけた。
銀杏の黄葉(こうよう)がきれいだった。
b0397181_17482762.jpg

他の木は無残な姿なのになぜか数本きれいに黄葉していた。
テレビでも色づく前に落ちてしまうといっていたのに、とてもきれいだった。
b0397181_17502558.jpg


帰りにおばあさんの畑の前を通った。
元気そうな大根の畝がみえた。
青々とした葉がふさふさと上を向いて育っていた。
手前にあるのは『もって菊』、霜に当ててから収穫するのかな?
そうすると菊の甘みが増すと聞いた事があったような?
b0397181_1756870.jpg


帰り道、たくさんの柿を干している家があった。
今年は裏年であまりなっていないと近所の人は言っていたが、私は今年も柿もぎに誘われてる。
b0397181_17583585.jpg


More 今度はいわしの塩焼きで・・・・
[PR]
# by hanamomo60 | 2018-10-17 20:54 | 日々のこと | Comments(0)

みどりのワイン♪

十月十日はかつて体育の日で、私たちの結婚記念日でもある。
たいていは秋晴れになり、私たちの結婚式の日も快晴だった。
でも10日が祝日ではなくなり、夫の帰りが遅い日もあり、先日やっと記念日らしき食事をした。

七月の終わりごろ新聞に連載されている石田千さんの『窓辺の時間』という上質のエッセイで『ヴィーニョ・ヴェルデ』というポルトガルのワインを知った。
若摘みの葡萄でつくるさわやかなワインらしく、いつか飲んでみたいと思っていた。

ポルトガルのワイン売り場のおじさんは『よーく冷やして飲みなさい。』と教えてくれたそうだ。
石田さんのエッセイには薄い緑のワインと一皿のおつまみ、小さなワイングラスの絵が載っていて、『ヴィーニョ・ヴェルデ』への憧れは日に日に募っていった。

今年の暑かった夏が過ぎ私たちの記念日が近づいたある日、我が家にこのワインが届いた。
とっても嬉しかった♪
秋に飲む『ヴィーニョ・ヴェルデ』もなかなかいいな~。

このワインに合う料理をあれこれ考えて、残しておいた美味しいきのこと牡蠣などでこんなメニューになった。
b0397181_20441011.jpg

牡蠣はフライに♪ホンシメジは美味しいオリーブオイルでソテー、仕上げにお醤油♪
じゃがいもは火を通してからアンチョビを調味料にして炒めた。
お刺身用の海老はわさび醤油ではなく、塩と黒胡椒、オリーブオイルで。(これはお勧め)
b0397181_19592433.jpg


ヴィーニョはワイン、ヴェルデはみどりという意味だそうだ。
かすかな泡、さわやかな青林檎を思わせるすっきりとした香り、でも『辛口』
そして私でも買うことができる優しいお値段。
b0397181_204731.jpg

きりりと冷やして大き目のワイングラスにたっぷりと注いだ。
一口飲んで、『さわやかだな~』と思った。
日本人と食べている物が似ているポルトガルの食卓。
じゃがいもや蛸、鱈、豆、いわし・・・・・。
ポルトガルに『いわし祭り』があるのを知ったのは青目さんのブログだった。
ポルトガルではゆでたてのじゃがいもが添えられて、それをくずし、いわしと一緒にレモンを絞って食べるそうだ。
日本ならいわしや鯵の塩焼に添えるのはたっぷりの大根おろし。
石田さんはいわしを食べたポルトガルの食堂のおじさんとおばさんに大根おろしたっぷりで食べてもらいたいと書いてあった。
ポルトガル語の大根がわからず説明できなかったらしい。

微発砲のヴィーニョ・ヴェルデは牡蠣フライにもアンチョビポテトにもきのこのソテーにもよくあって美味しかった。
来年は暑い夏に飲んでみたい♪お料理はきすの天ぷらなどどうだろう。
石田千さんとこのワインを贈ってくれた人に『ありがとう』
b0397181_20232439.jpg


*********************************************************************
残念な秋
この前まではみどりのきれいなドライフラワーになっていたアナベルがものすごい色になってしまっている。
先日の台風の塩害だ。
街路樹も庭木も紅葉する前に枯れ色になり落葉している。
内陸の方は少しきれいだろうか?
今年の紅葉は望めそうにないな~たぶん。

アナベル、山椒、紫陽花の一部をバッサリと切った。
これから少しずつ冬の支度が増えていく。
b0397181_2032202.jpg

[PR]
# by hanamomo60 | 2018-10-16 20:53 | 季節の行事 | Comments(8)

秋晴れ

秋が深まって随分気温が下がってきた。
じっとしているとひざ掛けがほしくなる。
家事を終え、郵便局まで歩く。
先日の台風で木々の葉は茶色に焼けてかなり落葉してしまっている。
「今年の紅葉はよくないな~」
見上げると雲ひとつなく澄み切った空。
空に届きそうな高い木も本来の色ではない。
b0397181_20275930.jpg

道端のイタドリの白い花 あのスカンポにこんなにきれいな花が咲くとは・・・・・。
花が終わると花の色と同じような種になりまた春になるとここに出てくる。
b0397181_20465838.jpg

柿の葉は塩害に強いのか、実と競争するように赤くなっている。
b0397181_20593982.jpg

夏が暑かったせいか紅葉した葉の間で紫陽花が咲いていた。
b0397181_21122100.jpg

振込みを終え、また七分ほどの帰り道を歩いた。

大切なひと日秋晴賜りて 今橋眞理子
*******************************************************************
晩ご飯
 大根とヤリイカの煮物
b0397181_2144063.jpg

 ほうれん草と菊のおひたし、秋刀魚の塩焼き。
b0397181_2161420.jpg

[PR]
# by hanamomo60 | 2018-10-15 20:38 | 自然 | Comments(4)

まぼろしのラーメン♪

先日買い物に行った時夫が『これ食べたい!』とチキンラーメンを籠に入れた。
最近私はノンフライ麺を食べているので『責任持って食べてね』と念を押した。
復刻版でちょっとレトロなパッケージだった。
b0397181_20252569.jpg

朝ドラの『まんぷく』を毎日見ているが、私の一番古い記憶のインスタントラーメンは安藤百福さんの作ったチキンラーメンではなく、『日水ラーメン』というラーメンだ。
ラーメンの袋のデザインもおぼろげだが、日の丸がデザインされていたのは憶えていた。
それにグリーンのストライプもあったような・・・・・。はっきりしなかった。
調べてみたのだが、情報が少なくて探し当てた画像を母に見せたら『これだよ!』という。
なんだかほっとした。
こんなパーッケージだったようだ。(画像はお借りしました)
b0397181_20403670.jpg

夫のチキンラーメンを煮る前に齧ってみた。
私が昔食べた日水ラーメンもこんな味だった。

『どこで買っていた?』と母にたずねたら、実家に行く度にもらってきていたらしい。
母の実家は雑貨屋だったのでこのラーメンを売っていたらしい。
休みの日のお昼などに食べていたが、具はねぎくらいでたまに卵を入れてもらった。
昭和の生き字引のようだと母をおだてた。
母も私も懐かしくて日水ラーメンの話で大盛り上がりした。

夫に作った平成最後の年のチキンラーメン♪
ゆでたまご、青梗菜、ねぎ、カニカマがのっている。
夫はとっても美味しかったそうだ。
b0397181_20532316.jpg

*******************************************************************
林檎いろいろ
きれいな紅玉を見つけたので買ってきた。
黄色い林檎は『とき』王林とふじを両親に持つ甘い林檎、香りもすごくいい。
b0397181_20563749.jpg


少しずつ冬支度
冬の間の洗濯の干し場になるロフトを片付けた。
ハンガーに掛けたものを干しやすいように夫にバーを取り付けてもらった。
自分の本も少し整理。
もう読まない本をまとめて買い取ってもらおうかな。
(先日通販で本を買ったらそういうシステムがあることを知った)
近所にあるブックオフなどは売れない本は引き取らずにまた返される。
よいお天気で忙しい週末だった。
[PR]
# by hanamomo60 | 2018-10-14 21:03 | 懐かしい事 | Comments(3)

秋のまぜご飯

秋田では古くから菊の花を食べる文化がある。
母は『夏に採れる菊より、秋菊の方が歯ざわりが良くて美味しい』と言っていた。
こどもの頃から秋になると霜降りササギと一緒に黄色やピンクの菊がおひたしになって食卓にのぼった。
菊のおひたしはほのかな苦味があって、こどもの頃はそれほど美味しいと思わなかったが、年をとるにつれて、菊の旨みがわかるようになった。

秋になると『とんぶり』もでてくる。
箒草の実で、プチプチと食感がよく、単独で食べるより何かにまぜて食べるとおいしい食材だ。
朝は長いもの刻んだものにまぜていただいた。
b0397181_20384447.jpg


そして夜は大好きなこの二つをご飯にまぜて楽しんだ。
とんぶりと菊のご飯。
炊きたてのご飯に塩味をつけ(私は少量のだし醤油)水気をしっかり切った菊ととんぶりを混ぜるだけ。
菊のいい香りとプチプチ感を楽しくことができる。
b0397181_20415890.jpg

おかずは秋刀魚の塩焼、蓮根のきんぴら、ワインも一口飲んだ。
b0397181_20425177.jpg


高い山は紅葉の美しい頃だろう。
奥深いところにある山葡萄の紅葉はすばらしいだろう。
白神山地のふもとで見た山葡萄の葉の美しさは忘れることが出来ない。
手ぬぐい額を『山葡萄』にかけかえた。
b0397181_20462818.jpg

**************************************************************
いちじくのコンポート♪
一晩しっかりと味をしみこませた『いちじくのコンポート』を瓶詰めにした。
長い冬の間の美味しいおやつにする。
b0397181_20504792.jpg

秋田のいちじくは煮あがってもきれいだな~と思った。
瓶詰めする前に母とひとつずつ味見。
ふっくらと大きいものを母に勧めた。
レモンが効いたさっっぱりした味に仕上がっていた。
b0397181_20503117.jpg

[PR]
# by hanamomo60 | 2018-10-13 20:53 | 美味しいもの | Comments(12)


暮らしに花を


by hanamomo60

プロフィールを見る

カテゴリ

日々のこと
美味しいもの

懐かしい事
自然
季節の行事

季節の木、花、草
おでかけ

検索

最新の記事

朝寒
at 2018-10-17 20:54
みどりのワイン♪
at 2018-10-16 20:53
秋晴れ
at 2018-10-15 20:38
まぼろしのラーメン♪
at 2018-10-14 21:03
秋のまぜご飯
at 2018-10-13 20:53

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月

最新のコメント

結婚記念日、おめでとうご..
by oshibanayoshimi at 20:45
十月十日はかつて体育の日..
by こんの at 11:18
青目 懐かしいです、ビ..
by aomeumi2 at 10:10
お祝いらしく華やかなルン..
by saheizi-inokori at 07:55
ほんとうに。 今年はき..
by PochiPochi-2-s at 07:46
先日カップラーメンをずい..
by PochiPochi-2-s at 07:42
結婚記念日、おめでとうご..
by PochiPochi-2-s at 07:14
結婚記念日おめでとうござ..
by miyabiflower at 00:26
ご結婚記念日、おめでとう..
by haru_rara at 22:42
記念日。おめでとうござい..
by mosaku319 at 21:50

最新のトラックバック

お気に入りブログ

夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
おのひきだし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
あれこれ逍遥日記 Vol.2
春のよき日に vol.2
驢馬の耳
野ウサギの足跡
風のとおる家から
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
春のよき日に vol.3
rin時日報3
ポルトガル便り~ヨーロッ...

外部リンク

記事ランキング