人気ブログランキング |

ぽかぽか

朝は少し冷えたが、気温がぐんぐん上がり昨日よりも暖かい一日だった。
明日午後から天気が崩れそうなので、今日は洗濯をする日と決めた。
残っていた冬物を洗い、掛け布団のカバー2枚、敷き毛布など洗う。
風もありあっという間に乾き、寝具は押入れに収納できた。
ベランダが空いたので布団やマットも干す事ができた。
b0397181_17145615.jpg

お昼ごはん、母は相変わらず熱い蕎麦だが、私は今年初めての冷がけとろろ蕎麦。
ピーマンとソーセージをいためて一緒に食べた。
b0397181_17162818.jpg

庭に出ると花桃が咲きはじめていた。
友人の山荘にあった小さな苗木をいただいてきたもので、かなり大きな木になった。
母にも見せたくて枝を切り、道真さんの土人形の後ろに飾った。
b0397181_1718168.jpg

花桃も明日には満開になりそうだ♪
b0397181_17201837.jpg

*********************************************************
昨日のお花見の写真から
左下の水面に青空とさくらいろがほんのりと映っていた写真。
b0397181_17232622.jpg

水仙とトトロの家
このお宅を初めて見た時、こども達が小さいころ数え切れないほど一緒に見た『となりのトトロ』に出てくる古い家を思い浮かべた。
それで私一人で『トトロの家』と呼んでいる。
様々な水仙が咲いていてきれいだった。
b0397181_17264410.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-23 17:26 | 日々のこと | Comments(1)

さくら さくら

秋田市の太平川沿いに植えられた千本の染井吉野に会いに出かけた。
心地よい春風に吹かれながら満開のさくらを愛でた。
b0397181_1643234.jpg

ほぼ毎年見ているさくらだが、ここに立つと毎年感動を覚える。
今日は平日だからゆっくり歩く事ができた。
すれ違う人と『きれいですね~』と言い合う。
川の向こう側のさくらを眺める。大木のさくら、枝ぶりもいい。
b0397181_1663630.jpg

北国の春はバーンと弾けるようにやってくる。
さくら、れんぎょう、つばき、すみれなどがせきを切ったようにいっせいに咲く。
山のほうを見れば真っ白なこぶしも咲いている。
そして水辺には春の光が届き、水面がきらきらと光っている。
b0397181_168375.jpg


母にもこのさくらを見せてあげたいな~と思いながらもう一度さくら並木を振り返った。
b0397181_16184656.jpg


さくら待つ金平糖の一色に  井尻妙子
毎年みせていただく民家のさくら,金平糖の色に近い。
b0397181_16213530.jpg

******************************************************
父の命日
今日4月22日は父の亡くなった日
あの日から30年以上の月日が流れた。
今日は母がデイケアで出かける日だったので、昨日、父を偲びながらご飯を食べた。
b0397181_19364459.jpg

舞茸や牛蒡などが入ったおこわを蒸して、旬のホタルイカなど供えた。
父は白いご飯しか食べなかったので、何か父の好物を供えたいと思っていたら、仲良しの御近所さんが初物の『こごみ』を持ってきてくれたのでてんぷらにしてみた。
b0397181_19392478.jpg


そして今夜
金華さばを焼いて、この前作ったメンマときゅうりの和え物で日本酒を一杯ずついただいた。
父はこの日本酒をちょっと飲みすぎた。
遅くまで仕事をして、それからお酒を飲んで帰宅時にはかなり酔っ払っていた。
私は酔っ払いのあしらいが上手い。でも暗くなったり泣いたりする酔っ払いは苦手!
『上手い』なんて自覚したことはなかったが、夫の親戚の法要に行ったとき、叔母さんから『あなたは酔っ払いの相手が上手だ』と褒められたのだ。(変な事で褒められた私、今思い出してもクスッとしてしまう)
それが本当なら父のおかげといえるが、はて どうだろう?
単に、楽しくお酒を飲むのが好きだということかもしれない。
その辺に父がゐさうな夕桜  長坂ヤス子
b0397181_19433047.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-22 19:57 | 季節の木、花、草、鳥 | Comments(10)

春のブローチ

昨日、枝垂れ桜を見に行った時、足元にたくさんのたんぽぽが咲いていた。
放射状に倒れた葉っぱの中から春の光を受けてたんぽぽが元気に咲いていた。
この春小学校に上がった一年生の黄色い帽子を思わせるような姿だった。
春一番にはこべが出てきて、タネツケ花の白い可憐な花が咲き、もう少し暖かくなってこのい黄色いたんぽぽが咲く。
先週の新聞の短歌コーナーで私が大好きな方がたんぽぽの歌を詠んでいた。

秋田県潟上市 瀬下京子さんの歌
野の原のみどり萌え初むるただなかにブローチのごとたんぽぽ開く

帰り道、私はたんぽぽと一緒に咲いていたムスカリを摘んだ。
ギザギザの葉っぱもなんだかいとおしくて一緒に摘んで帰った。
小さなガラスの花瓶に飾った。
b0397181_22204242.jpg


**********************************
菜の花
春になってたくさんの葉物が出てきたが、産直で買った地物の葉の花が美味しかった。
少し硬めにゆでて、熱々に塩をぱらぱら振り、少しなじませる。
菜の花の塩漬けはざくざくとした食感で、春のほろ苦い味がした。
b0397181_22245565.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-21 22:24 | 日々のこと | Comments(10)

しだれざくら

買い物からの帰り、近くにある枝垂桜が咲いているのに気がついた。
今日は風も強く肌寒い日なのに、かなり咲いていた。
b0397181_16494894.jpg

この枝垂れ桜の前には10年ほど前までかなり古い木造のアパートがあり、たぶんそこの住人が植えたものだと聞いたことがある。
アパートの気の合う人たちでお花見を楽しんだのかもしれない。
か細い枝ながらびっしりと美しい花をつけ、風になびきながら咲いていた。
早く帰ってお昼ごはんを作ろうと思っていたのだが、あまりきれいで木の下に立って桜のシャワーを浴びた。
b0397181_2142782.jpg

細い枝が風に揺れてなびく様子は友人が書く万葉仮名に似ていた。
日本にしかない『かな文字』そのやわらかな文字とさくらの枝が重なった。

さくらしだれて万葉仮名の流れけり古宇田敬子

b0397181_16535688.jpg

******************************************************
ベルギーのおみやげと美味しい珈琲
少し花冷えのする午後、いただいていたきれいなパッケージに入っている珈琲を飲んだ。
あっさりとしてチョコレートに良くあった。
乙部なるみさんの花の絵のパッケージが心和む。
コーヒーはエチオピアのイルガチェフというところで採れた豆らしく、さわやかな酸味があってとても美味しいコーヒーだった。
ご馳走様でした!
b0397181_1775299.jpg


お昼に久しぶりに作ったフレンチトースト
b0397181_1782160.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-20 17:08 | 季節の木、花、草、鳥 | Comments(8)

満月

午後の往診が夜に変更になって、先生が夜7時過ぎに来てくださった。
連休前なので薬をもらう人などで午前の診療が終わったのが3時過ぎだったらしい。
『こんな時間になってしまって』と先生は何度も頭を下げてから、『今夜の月はきれいでしたよ』と嬉しそうに言った。
今夜の満月はピンクムーンと呼ばれるとても魅惑的な月だった。
先生たちを見送ってからベランダに出てみると美しい月が見えた。
お隣の屋根にくっきりと月が映り、これが海だと水面が光るのだろう。

満月のひかり切りとる屋根の影 沼田桂子
b0397181_2222128.jpg

先生が来る前に母には晩ごはんを食べさせたが、私は帰ってから一人ゆっくりと食べた。
金曜日なので冷蔵庫は空っぽで、冷凍していたハタハタの三五八漬けを焼き、常備しているじゃがいもでポテトサラダを作った。
新たまねぎをたっぷり入れて作った春のポテトサラダは美味しい。
b0397181_2226195.jpg

いぶりがっこにクリームチーズをのせた物の隣は塩蔵していた孟宗筍で作ったメンマ。
家族に好評だったのでまた作った。
胡麻油を熱し、赤唐辛子を入れてから塩抜きした筍を細く切って炒める。
醤油、砂糖少々、オイスターソース、顆粒の中華だし、を適度入れて味をつける。
b0397181_22293021.jpg

塩蔵のたけのこは香りが飛ぶのかな~と心配だったが、食感も味も香りもしっかりあった。
大きなお皿に全部盛り付けてたべると後片付けが楽でいい。
b0397181_22363413.jpg


今日の夕焼け
東側の建物に夕日が当たって見えたので、小さいカメラを持ってロフトへ上った。
ブラインドの隙間から夕日が入って、夫の本棚も染まっていた。
b0397181_2247358.jpg

西の空はこんな感じ、美しい夕焼けだった。
b0397181_2248107.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-19 22:48 | 自然 | Comments(10)

白梅

叔母の家に遊びに行ってきた。
母の一番下の妹で、私と叔母は年が近い。
叔母が小学生のころ私が生まれた。

叔母とはちょこちょこ会っているが、叔母の家にお邪魔したのはかなり久しぶりだった。
仕事をリタイアした叔父は気を使って出かけており、二人で様々なことを話した。
あっという間に帰る時間になり、あわてて叔母の家の庭の白梅を撮った。
馥郁とした香りがしてしばし見とれてしまった。
b0397181_19565428.jpg

********************************************************
洋食

豚のバター焼きをするお肉を塩糖水につけてから焼いて、トマトソースで煮込んだ
『ポークのシャルキュトリー風』を作ってみた。
b0397181_2083442.jpg

新たまねぎをじっくり炒め、白ワイン、トマト缶を加え、あらかじめ焼いた豚肉を入れて、そこにマスタードを加え、塩胡椒で味を調える。
簡単でとても美味しかった。マスタードを加えるのがポイント。
b0397181_2084699.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-18 20:08 | おでかけ | Comments(6)

風光る

昨日の片づけで夫の部屋から出たたくさんの冬物を洗った。
6時洗いあがり!そのあともう一度洗濯機を回す。
ウールのセーターは手洗いした。

もう雪が降ることもないだろうから部屋の中も春仕様にしよう。
手始めにクッションカバーを替えた。
b0397181_17201883.jpg

家族の冬の下着をしまい、薄手のものに変える。
天気予報では最高気温20度。
私も薄着になった。綿のTシャツに薄い木綿のスモックを羽織った。
去年の秋口に夏物のバーゲンで買ったものだが、奈良で作られているものだった。
b0397181_17234763.jpg

洗濯物は南側のベランダで2時にはすべて乾いた。
午後の来客2人が帰ったあと椅子に座ったまま居眠りしていた。
やっと春になって、少々疲れた。

『風光る』
春になって光に力がみなぎりすべてのものが輝いて見える。
庭のエゴも芽吹いてきた。
小さな葉がつやつやと光っている。
当地の桜も咲きはじめ、なんだか私もそわそわしてきた。

風光る生きとし生けるものの中 平ふみ子
b0397181_17315814.jpg

****************************************************************
おべんとう
おかか弁当、煮物、手作りメンマ、秋刀魚の甘露煮
b0397181_17351071.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-17 17:01 | 自然 | Comments(14)

ひろっこ

『雪が消えれば、友達と籠っこ持って土手さ『ひろっこ』掘りに行ったもんだ。』
女学校に上がるまでの母の春先の思い出だ。

ひろっこはあさつきの別名で、雪の中から掘り出したものはうすいクリーム色だが、雪解けと同時に日当たりのいい土手などに芽を出したひろっこは小さなねぎのような見かけだ。
大きなスーパーの産直コーナーでその『ひろっこ』を見つけた。
b0397181_20471794.jpg

『なんとして食べたい?』と母に行くと、『やっぱり ひろっこかやぎだな。』と笑顔。
鰹節でだしをとり、味噌と豆腐をいれひろっこを入れて卵でとじた『ひろっこかやぎ』
かやぎとは『貝焼きかいやき』が訛った言葉で、昔は小鍋の代わりに大きな帆立貝の貝殻で煮たことからついた名前。
秋田の人は、季節のものをなんでもかやぎっこにして食べる。
ひろっこの白いところはとても甘く、美味しかった。
b0397181_20514636.jpg

*******************************************************
おべんとう
海苔おにぎり(塩鮭と大根の味噌漬け)
身欠きにしんと野菜の煮物、れんこん揚げ、小松菜とにんじんのナムル
b0397181_20535390.jpg


晩ごはん
b0397181_2055743.jpg


今日はとてもいいお天気だった。
母のスケジュールのない日だったが、夫の部屋があまりにも汚くてついに足を踏み入れてしまった。
明日は20度まで気温が上がるといっていたので、冬物を出して洗濯しようと思ったからだ。
マスクをして、久々に窓を磨き、洗うべき冬物を出した。
ついでに母の古いパジャマなども少し処分し、気がついたら5時過ぎだった。
明日は大量の洗濯日になりそうだ。
疲れたので今夜は冷凍のピザにチーズを足して焼いた。
去年の塩漬け筍で作ったメンマ、青梗菜の胡麻油炒め、とまとで簡単な夕食。

※秋田でさくら開花!見ごろは今週末かな?
# by hanamomo60 | 2019-04-16 21:02 | 美味しいもの | Comments(6)

東北のお菓子

小さい頃は父の出張があるととてもわくわくした。
父が運んできてくれる各地のお土産が楽しみだったのだ。
今のように新幹線や飛行機で日帰りということもなかったから、一晩か二晩留守番をしていると必ず美味しいお土産を持ってきてくれた。
泉屋のクッキーは白くて真ん中が紺色でそこに浮き輪が描かれていた缶に入っていた。
クリスマスリースのようなドーナッツ型のクッキー(正式にはリングターツ)にはきれいなゼリーが飾られていて毎回缶を開けるのが楽しみだった。
今では地方のデパートにも置かれていているものもあるし、ネットでクリックするだけで世界中のお菓子が手に入る時代になった。
少々ありがたみにかける面もあるが、中央から離れた場所に住んでいるものにとってはありがたいところもあり、複雑だ。

三月、デパートやスーパーで東北の美味しいものを見つけた。
いつも行くスーパーで見つけたのは青森の『くじら餅』
父の出張は東京や大阪もあったが近県に行く事が多かったのでこの餅は母へのお土産でよく買ってきていた。
父のお土産のくじら餅はとらやの大きな羊羹ほどあったが、私が求めたものはぺったんこの薄いものだった。
母はとても懐かしがって、父の思い出話をしながら食べた。
子どもの頃の私はこの手のお菓子は食べなかったが、素朴で美味しい味だった。
b0397181_1652168.jpg

その少しあと、デパートで見つけたのはのし梅と梅しぐれ。
山形ののし梅はこどものころから好きだった。
秋田の銘菓 さなづらの梅バージョンでこれも母が好きでよく買ってきた。
この日は食べやすそうな梅しぐれを買ってみた。
b0397181_1675483.jpg

本物の梅を使ってあるのでとても美味だった。
手がべたべたしないのもなかなかよかった。
b0397181_1682075.jpg

そして週末、先輩の表彰記念パーティーに出席するため秋田の北へ出かけた夫のお土産。
上小阿仁(かみこあに)というところの美味しいおまんじゅう、『山吹まんじゅう』
b0397181_16105458.jpg

饅頭の皮に少し塩気があり、白餡も普通の餡も美味しい。
山吹饅頭が大好物の母へ夫からのお土産だった。
親子で感謝、ありがとう。
b0397181_16201061.jpg

******************************************************
春の風邪
三月末、夫が風邪を引いた。
送別会シーズンでどこかでもらったらしい。
母が居るのでうつらないかハラハラしていたが、私は良く食べているせいか罹らなかった。

夫は三月中に大切なお祝いの会があった。
本人は行くとがんばったのだが、他の方の迷惑になるし欠席させてもらった。

そして四月も寒くなったり暖かくなったり寒暖の差が激しいせいか、風邪を引いている人が周りに多い。
ようやく治ったところで先週末また大先輩の表彰パーティーがあった。
長引くと厄介なのが風邪、もう少し早寝早起きをして欲しい。

何となく抜けきらぬとは春の風邪稲畑汀子

今日のお弁当 海苔弁当
ご飯に鰹節と海苔がはさんである。
紅鮭、かぼちゃ、秋刀魚のやわらか煮、ブロッコリー、いぶりがっこ
b0397181_17423746.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-15 17:02 | 美味しいもの | Comments(12)

春の色

桜前線が北上し、ついに秋田の南のほうで開花した。
今日は気温が17度まで上がり、カーテンを洗ったり、物置をきれいにしたりと忙しい日曜日だった。
『外回りの片づけをしたい』そういう気持ちになったのは春になったということだ。
買い物をしたときに物を入れて持ち帰るダンボールがたまったので近くのスーパーのリサイクルBOXに持ち込んだ。
持参したダンボールを入れていたら私のは5キロほどだったのが、表示が一気に12キロになった。
どこかのおじさんが新聞の束を二つ投げ込んでいったのだ。
カードのQRコードをかざして・・・・が面倒なのだろうか?
おかげで200円のリサイクル金券が出てきた。

帰宅して外の物入れの片付けもした。
夫の釣り道具が多いのでそのスペースを空けた。
釣りのシーズンも間近なので、整理して欲しい。
家族といえども、他の人のものには手を出さない事・・・・これは片付けのルールらしい。
釣り仲間の一人は釣りの道具を散らかして置いたら、見かねた奥さんが片付け、ゴアテックスの釣り用のカッパを捨てられたようだ。かなり高価なカッパ、もったいない事をしたようだ。
そうなると困るからここから先は本人に任せる。

薔薇の赤い新芽も出てきた。
その横に積んであるフラワーボックスにふんわりとはこべが生えていた。
みずみずしい緑、真っ白な花、はこべはどんなところに出てきても元気な草花だ。
積み置きし鉢にはこべら咲きにけり 天野美登里
b0397181_2223138.jpg


夫が玄関のガラス窓を拭いていた。
冬の間にすっかり曇って埃っぽくなっていた窓がきれいになった。
薔薇の鉢に居候しているのは『タネツケバナ』
これはこどもたちからよくもらった花だった。
b0397181_22254592.jpg

***************************************
週末食べたものあれこれ
春先に異常に安値だった野菜がちょっと値上がりした。
関東のほうが寒かったからだろうか?
昨日は水がれいのから揚げ、ササミの青紫蘇焼き、今夜はめばるの塩焼き、ホヤなど。
b0397181_22302080.jpg

# by hanamomo60 | 2019-04-14 22:42 | 日々のこと | Comments(12)


暮らしに花を


by hanamomo60

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

日々のこと
美味しいもの

懐かしい事
自然
季節の行事

季節の木、花、草、鳥
おでかけ
思い出
うつくしいもの

検索

最新の記事

ぽかぽか
at 2019-04-23 17:26
さくら さくら
at 2019-04-22 19:57
春のブローチ
at 2019-04-21 22:24
しだれざくら
at 2019-04-20 17:08
満月
at 2019-04-19 22:48

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月

最新のコメント

きれいな色の花桃日本水仙..
by Deko at 17:55
> passさん こん..
by hanamomo60 at 16:50
>PochiPochiさ..
by hanamomo60 at 16:44
>sidediscuss..
by hanamomo60 at 16:28
> mosakuさん ..
by hanamomo60 at 16:13
>saheiziさん ..
by hanamomo60 at 16:08
> PochiPochi..
by hanamomo60 at 16:04
> PochiPochi..
by hanamomo60 at 16:00
>さえさん こんにちは..
by hanamomo60 at 15:53
> saheiziさん ..
by hanamomo60 at 15:40

最新のトラックバック

お気に入りブログ

夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
おのひきだし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
あれこれ逍遥日記 Vol.2
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
野ウサギの足跡
風のとおる家から
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
春のよき日に vol.3
rin時日報3
ポルトガル便り~ヨーロッ...
流木民 第2話

外部リンク

記事ランキング